ニゾラールと名医と出張について

日本は、優秀な医師が多い国で、病気によって名医がいます。
皮膚科の名医も多く、水虫の名医もいます。
出張が多いサラリーマンの場合、出張先に名医がいたら、診察を受けて帰るという人もいます。
水虫は、白癬菌が足などの皮膚の角質や皮下組織に入り、炎症などが起きる感染症です。
足の裏や指などに、水疱ができ、かゆみが出ることも多いです。
白癬菌が好むのは、温度と湿度が高い場所です。
靴の中などは、白癬菌が増殖するのに適した環境なのです。
会社に着いたら通気性の良いサンダルなどに履き替えたり、靴下をこまめに替えたりすると、水虫防止対策になります。
また、最近は、足を拭くシートも販売されています。
足の汚れや汗をきれいに取り除くことができるので、特に若い女性に人気があります。
水虫の症状が出てしまった場合は、早めに医師の診断を受けることが大事です。
水虫は、放置すればするほど症状が進行して、治りにくくなります。
日本での水虫治療では、クリームタイプの塗り薬が使われることが多いです。
保険の適用を受けることができるニゾラールクリームが有名です。
ニゾラールクリームは、クリームタイプなので、浸透性が高く、有効成分が皮膚に長くとどまることができます。
水虫になってから長い時間が経っている人の場合は、治療が長引くこともあります。
水虫の初期症状であるかゆみは、体の免疫作用によって起こります。
かゆみが出ている初期症状で適切な治療を受ければ、早めに完治させることも可能です。
初期症状が出ている間に治療しないと、白癬菌の感染範囲がどんどん広がり、爪まで感染することがあります。
ニゾラールクリームは、副作用が少ない治療薬ですが、肌がかぶれたり赤くなったりした場合は、すぐに医師に連絡して症状を診てもらった方が安心です。

ページの先頭へ戻る