ニゾラールと営業と石鹸について

湿気が多くなってくると、水虫になりやすくなります。
水虫の原因は白癬菌で、白癬菌は真菌の一種です。
水虫は白癬菌が原因となる感染症の中でも患者数が多いことで知られています。
白癬菌は、高温で湿気が多い場所を好みます。
営業などで長時間靴を履いたまま歩き回る人や、ブーツを好む女性などは、水虫になりやすいので注意が必要です。
水虫を防ぐためには、できるだけ足を乾燥させておくことが大切です。
人間の皮膚にはケラチンがあり、白癬菌はケラチンが大好きです。
白癬菌が角質層に寄生すると、なかなか死滅しないのです。
仕事から帰った時は、面倒だと思っても、足をきれいに洗って、よく乾かしてから寝た方がいいです。
水虫を防ぐため、足だけ薬用石鹸を使う人もいます。
水虫の治療は、外用薬を使うケースが非常に多いです。
特に、クリームタイプの塗り薬に人気が集まっています。
クリームタイプの塗り薬で有名なのが、ニゾラールクリームです。
ニゾラールの有効成分は、ケトコナゾールです。
ケトコナゾールは、イミダゾール系の抗真菌薬として、様々な治療に使われています。
フケやかゆみを抑えるシャンプーにも配合されています。
抗真菌薬の中でもイミダゾール系のものは、副作用が少ないので利用者が多いです。
ニゾラールクリームを使って治療行っている患者の中には、自己判断で水虫が治ったと思い込み、薬の治療を中止してしまう人もいます。
しかし、実はまだ白癬菌が死滅しておらず、元の状態に戻ってしまうケースもあります。
ですから、水虫が治ったと思った時は、必ず医師の診断を受け、本当に白癬菌が死滅したのかを確かめてもらう必要があります。
ニゾラールクリームを使用して、皮膚が赤くなったり、かぶれたりした場合は、早めに医師に相談することが大切です。

ページの先頭へ戻る