水虫のダメージとニゾラールクリームと漢方

湿気の多い日本では、昔から水虫に悩む人が数多くいました。
水虫は、足を清潔にして、湿度を上げないように注意すれば、感染を防ぐことが可能です。
感染して症状が現れると、治療期間が長くなることもあります。
ですから、水虫は予防がとても大事なのです。
水虫のダメージを受けないようにするには、様々な方法があります。
水虫の治療で多いのは、塗り薬による治療です。
その他には、パルス療法や漢方薬による治療などがあります。
水虫の治療は、自分の症状に合った治療薬を継続して使うことが大事です。
水虫の治療薬でよく使われるのが、ニゾラールクリームです。
ニゾラールクリームは、脂漏性皮膚炎にも使われることが多いです。
脂漏性皮膚炎は慢性湿疹で、皮膚に寄生するカビなどが原因となって起こる皮膚炎です。
ニゾラールクリームは、保険での使用が認められています。
ニゾラールクリームは、ステロイドのように強力ではないものの、副作用が少ないというメリットがあります。
ただ、効果が出るまでに時間がかかることもあります。
水虫は、足を乾燥するように気を付けるだけで、かなり防ぐことができます。
バスマットやトイレのスリッパは、感染源になることが多いです。
ですから、こまめに洗って清潔に保っておくことが大事です。
かかとなど、角質層が厚い部分に水虫が発生した場合は、角質層を柔らかくして治療薬が浸透しやすくする場合もあります。
以前に水虫の治療薬を使って、皮膚の炎症などを起こしたことがある人は、必ず医師に報告しておきます。
また、傷がある部分に使用する場合は、慎重に使うようにします。
治療を開始してから1ヶ月経っても症状が改善しない場合は、医師に相談した方がいいです。
かかとなど治りにくい部分の水虫の場合、長期治療になるケースもあります。

ページの先頭へ戻る