温泉やドクターフィッシュ感染もある水虫はニゾラール

温泉と水虫は決して無関係ではありません。温泉で水虫に感染する人が多いのが特徴です。主に足ふきマットを共用で使うことで感染すると言われており、いままで水虫の症状などなかった人が温泉にいって感染することもあります。共用を避けることで感染を阻止することができますので、足ふきマットを飛び越えるなどの対処をして、踏まないことをおすすめします。ただ踏んだからといってもすぐに感染するわけではありません。洗い流せば感染を阻止することができますので、もし踏んでしまっても慌てないようにしましょう。足ふきマットの共用は避けるだけで感染を防止することができます。

温泉がある施設でも見かけることが多くなっているドクターフィッシュは、足の角質を食べてくれることでセラピーとして人気を集めています。ドクターフィッシュに食べてもらうから水虫が治るわけではありません。あくまでもセラピー癒しの一環として考えるようにしましょう。そのドクターフィッシュですが、他の人の角質を食べることで媒介し、他の人に感染する恐れがあるといった報告もありました。またHIVといった感染も0ではないという調査もあることから、注意をしなければなりません。ドクターフィッシュで水虫も感染する恐れが一番強いですので、その点にも気を付けるようにしましょう。

水虫等の真菌が引き起こす症状に退治ができるのはニゾラール等の抗真菌剤になります。使い方は広く深く塗りこむことです。一度感染してしまうと、広い範囲に居座り、また根深く根付くことで治療が難しいケースもあります。症状が治まってきたから自分で治療を中止してしまうと、失敗してしまうことも多いですので、必ず医師の指示を受けて続けるようにするのが完治させるコツです。

ページの先頭へ戻る